ミノキシジルは直接注射で投入する方が効果的?!飲み薬との違いについて

ミノキシジル注射
ミノキシジルは、男性のAGAなどの薄毛治療に有効に作用する成分で、市販でもその成分を配合された育毛剤などがポピュラーです。その活用の仕方としては、一般的に頭部に繰り返し塗布するという使用方法となります。

その他に内服薬としてミノキシジルなどを服用する方法も見られます。ただこうした塗布する方法や内服する方法では、効果が現れにくく、それほど薄毛対策にはならないケースも存在します。

そのためより有効的な方法として、ミノキシジル注射を施すという方法が存在します。

まずミノキシジル注射の優れた点は、頭皮に直接的に注入する方法となるため、その有効成分の吸収率が優れ、その分だけ効果が現れやすい特徴があります。

塗布の場合は汗などで流れ落ちたりするので、浸透率が少なくなってしまいます。内服の場合では成分自体が体全体に分散する傾向があり、確実に効果が出ない場合もあります。

その他に塗布や内服するよりは副作用のリスクが減少し、局所的に薄毛を治療する効果をもたらします。

塗布の場合には、かぶれや腫れなど頭皮の炎症を引き起こす可能性も高く、酷い状態となるとかゆみが生じるケースがあります。

また内服の場合には、頭痛やむくみの原因となったり、体全体が毛深くなってしまうなどの症状が起こるケースも存在します。よってミノキシジル注射は注入により即効的な発毛に優れ、副作用リスクも減少させることも出来るためAGA対策には有効な方法となります。

一方、ミノキシジル注射のデメリットとしては注射を行うため、頭皮が痛い場合がある点と費用が高い点があります。その他には一時的な効果となってしまうことも多く、何度も注射を行うため、その度に痛い思いをしなければなりません。

ミノキシジル注射の費用の相場については、一回の注射を行う上では安くて1万円前後、高い場合は数万円と高額になることです。

しかも一時的な効果なので何度も注射を行い続けなければならないデメリットもあります。

扱っているクリニックによって、費用もまちまちなので、どのくらい費用がトータルでかかるかを考慮して検討することが重要となります。

Writen by 忍者